新製品情報

高安定度抵抗器

高安定度抵抗器 ノイズレベル最高水準:≦0.3ppm(10MΩ~500MΩ)   ㈱日本ファインケムが製造する高電圧用抵抗器は、最先端分析機器等の高安定度が求められる高電圧電源に使用されており、安定度を決定づけるキーパーツとしてご評価頂いております。世の中の高安定化技術水準が高まるに連れて、抵抗器のノイズも顕在化するようになって来ました。このような背景から当社では抵抗器ノイズ評価技術を確立し、他では類を見ない高電圧印加におけるノイズレベルを特性項目として取り入れた高安定・低ノイズ抵抗器を提案致します。   ■高電圧印加による抵抗ノイズ   高電圧を印加することによりノイズの発生確率が上昇します(種類は1/fノイズ)。1/fノイズは周波数に反比例し、抵抗膜の不連続性や接触抵抗に起因する場合が多く、製造方法によっては低減することが可能です。当社ではこのノイズの低減に着目しております。 低電圧における評価では、当該ノイズを完全には排除することができません(潜在化)。   ■高安定 ・低ノイズ抵抗器のノイズレベル   判定基準:≦1ppm ≦1ppmは検出電圧10Vに重畳した電圧変動の振れ幅の最大が≦10μVであることを示します。  

印加電圧 DC10,000V
検出感度 1μVp-p
測定時間 1分間
測定周波数 1Hz(アナログ検出)